外出自粛を逆手に取って、こんなサービスも……

この1ヶ月ぐらいで
人の行動様式は
すっかり変化しました。
 

テレビを見ていても、
もうタレントさんが
スタジオにいません。
ほとんどの出演者が
リモートで出演しています。
 

これ、すでに
テレビのアイデンティティーを
壊してますよね。
 

これだったらYouTubeでよくない?
と、なってしまいます。

 

同じようなことが、
ネットの世界でも起きています。
 

今まで、オンラインで何かを
提供すると言うことに対しては
提供者にも受け手にも
抵抗を持っている人がいました。
 

「私はリアル派だから……」
っていって、頑なに拒む人も
少なからずいたんですが
今は完全に、そうはいかないですよね。

 

ほぼ全ての対面サービスが
オンライン化への舵を切っています。
 

こんなふうに、
今回のコロナは、さまざまな
バラダイム(規範・価値観)を
ぶっ壊しているわけですが……
 

さまざまな
「状況を逆手に取ったサービス」が
毎日のように誕生しています。
 

こうした規制こそ、大きな
イノベーションのチャンスですよね。
 

イノベーション、なんていうと
敷居が高く聞こえてしまいますが
ほんと、ちょっとでいいんです。
少し変えてみるだけで
劇的に見える世界が変わります。
 

たとえば、こんな
興味深いサービスを見つけました。
 

最近、ZOOMを使った
オンライン飲み会が
流行っているじゃないですか。
(ぼくも時々やっています)
 

そこに、
マジシャンやお笑い芸人などが
お呼ばれで参加して、
30分くらい芸を披露するんだそうです。
 

たとえばマジシャンなら、
ZOOMの画面上でも楽しめる
テーブルマジックを披露するとか。
 

これ、新しい! 呼びたい!
流しのオンライン版じゃないですか。
 

どれくらい儲かっているかまでは
分からないですが、
今でしか成立しない
新しい着眼点であることは確かです。

全国どこでも対応OKなのはもちろん、
マジックみたいな
言葉があまり関係ないものなら
全世界から予約を取ることだって
そんなにハードルは高くないですよね。

 

人の集まるところに
ビジネスは生まれます。

今までの価値観にとらわれずに
「今困っていることは何か?」に
目を向けるだけで、
新しいチャンスはすぐに見つけやすい
環境なんじゃないかなと思います。

関連記事

  1. 強い規制のある時こそ、新しいイノベーションが生まれる

  2. 理由のある値引は、○○○まで高めてしまう

  3. この社会状況で、新規客の集客をやる? やらない?

  4. こんな声かけは、お客さんを一瞬で遠ざける

  5. 魚のいない釣り堀に釣竿を投げる人

  6. こんな時こそ、「欲しいものはお客に聞け」

  7. 視覚障害をお持ちの方がZOOM講座に来ていただいて、感じたこと・学んだ…

  8. 質の悪いお客さんが起こす「負の連鎖」

最近のブログ記事