見込客に5分で「欲しい」と言わせるアンケートのマル秘活用法

見込み客を集めて、
その人に商品のことを
知ってもらう、いわゆる
「顧客教育」のフェーズで
アンケートを
よく活用しています。

って話すと「?」
という顔をされます。
 

「アンケートって、
 買ってもらった後に
 やるものじゃないの?」

と考えている人は
まだまだ多いのですが、

アンケートとは、
ただ感想をもらうだけの
ものではありません。
 

「市場調査」とか
「サービス向上のため」
と称して、

回答している人に
何かを気づかせるツールとして
アンケートが使えます。

 

具体的な流れは
たとえばこんな感じです。
 

STEP 1
アンケートを設計する。
内容は、商品の優位性や
それをあなたが選ぶ理由を
気づかせるような設問にする。
 

STEP 2
何らかの景品を準備して、
見込み客にアンケートを
回答していただく。
 

STEP 3
アンケートに回答すると
回答者が商品の優位性に気づく。
 

STEP 4
景品を送るついでに
その商品のお試しオファーを行う。

 

といったような流れです。
これ、とても有効です。
 

ここで大事なのが
アンケートの設計です。

コーチングや質問の技術があると
より効率的なアンケートが
作れるようになります。

ただ「xxxxについてどう思いますか?」
というのではなく、
例えばこのような……
(アンケート内容はサンプルです)

「弊社が実施しているxxxxの
 施術サービスについて
 書かれた特徴のうち、
 あなたがすでに知っている
 特徴にチェックをしてください」
 
(1)費用が、同様のサービスを提供している他の治療院よりも20%安い。
(2)一度施術を受けると、他のサービスより治療効果が長く持続する。
(3)施術が痛くないので、利用者に負担がかからない方法である。
(4)出張治療でも受けられるサービスである。
 
 
「あなたは、このサービスを
 選ぶメリットがあると感じますか?」
 
(1)あると感じる。
(2)あるとは感じない。
 
 
「上記で選んだ回答の理由に
 ついて詳しくお聞かせください」
 
(自由回答)

…みたいな感じで、
「サービス普及のための
マーケティング調査」の体で、
セールスポイントをガンガンに
アピールしていきます(笑)。

 

不思議なもので、
これだけ書いていても
よほどやりすぎなければ
売り込み感が出ません。
なぜなら「アンケート」だから。
 

しかも、アンケートを書いている人は
「へー、そうなんだ!」と
今まで知らなかった商品知識を
アンケートを通して得ていきます。

 

このアンケート作戦、
さまざまな業種に使えます。
ぜひ取り入れてみてください。
オンラインでも、
無料のGoogleフォームを使えば
簡単に取り入れることができますよ。

関連記事

  1. 質の悪いお客さんが起こす「負の連鎖」

  2. こんな声かけは、お客さんを一瞬で遠ざける

  3. 販促に使える補助金の金額が倍になったのですが、その条件が…

  4. 視覚障害をお持ちの方がZOOM講座に来ていただいて、感じたこと・学んだ…

  5. 強い規制のある時こそ、新しいイノベーションが生まれる

  6. この社会状況で、新規客の集客をやる? やらない?

  7. オンラインでビジネスを始めるためにできそうなこと【動画あり】

  8. 「時給思考」から抜け出す