Google検索の順位を上げるために、今も昔も大事なこと

ちょっと、今日は
テクニカルな話をします。
 

ここ1年くらい
小冊子に携わったことで
アナログの人と
思われることも増えましたが、

わたくし、もともと(というか今も)
IT得意系のマーケッターです。
 

ネット広告の運用が多いですが
ブログ集客のお手伝いもやっていました。

ぼく自身もかつては
ブロガーをやっていて、
コンテンツマーケティングとか
SEO対策みたいなやつを
比較的得意としていたのですが
ここ1、2年はまったく
オススメしていませんでした。
 

オススメしなくなる
きっかけとなった
出来事がは2つあって、
 

ひとつは、
ぽくが以前コンサルティングを
していたある会社さんで

ブログ記事を1日に数記事
外部のライターさんを使って
ゴリゴリに投稿を続け、
集客に活用していた
ところがありました。
 

しかし、ひとつ問題があります。
Googleの検索の仕組みは3ヶ月に一度
大きく見直されていて、
そのたびに順位が
変動してしまうのです。
上がれば良いですが、
落ちることもあります。

そのクライアントさんにも
「Googleは時々大きな
 順位変動があるから、
 調子のいいうちにSNSとか、
 他の対策もしようね」
とアドバイスしていたのですが、
訪問者数がグイグイ伸びている時期に
こうした助言はなかなか
聞く耳を持ってもらえず……

そうこうしているうちに
本当に順位変動をくらい、
検索流入が一気に
落ちてしまったのです。

こうなるとデスマーチです。
船が沈みはじめてから
バケツで水をかき出すようなもので
あっという間に流入数は
1/3くらいになってしまいました。
 

自然検索だけに頼るのは
本当に波が大きくなります。
 

そんな中で小冊子に
出会ったことも大きいです。
すべてデジタルを使った
集客導線では
こうしたリスクもありますが
その中にアナログメディアの
小冊子が入ることで
取れる作戦の幅が大きく変わります。
実際に結果も出ました。
 

使える方法があるなら
それでいいじゃないか。
しかも他の人が
真似しづらいし(笑)

 

ということで、
4〜5年前なら口グセのように
「ブログやろうぜ」と
言ってたのですが、最近は
あまり言わなくなっていました。
 

ですが、
やはり昔の血が疼きます。

このSTUDIO RICEのサイト、
2020年のお正月に
リニューアルしたのですが
それをきっかけに
ブログ記事を頻繁に
投稿するようにしたり、
さらにZOOM講座を始めたので
その情報をマメに
更新するようにしていたら……
 

やっぱり人が来る。

特に、最近流入数が増えたなと思って
サーチコンソールを確認したら、
いつの間にかZOOM関連のあるワードで
検索順位が3位に上昇していました。
 

Google様を見直しました(笑)
 

もちろんテクニカルなことも
いろいろあるのですが、
人のために約に立つ情報を
せっせと提供し続けた者にだけ、
Google様は微笑むのです。
ギブアンドギブの気持ちが大事です。

関連記事

  1. ステップメールってご存知ですか? ただ連続で送られるメールというだけじ…

  2. 「お預け状態」が引き起こした、Facebook広告のキセキとは?

  3. このご時世だからできる、YouTubeのネタが作れないときの必殺技

  4. ライブ配信はマーケティング的に使えるのか?

  5. 昔、ブロガー時代にGoogle検索順位がガタ落ちして絶望した話

最近のブログ記事