オンラインでビジネスを始めるためにできそうなこと【動画あり】

このところ、毎週日曜日は
ライブ配信をしています。
 

ライブ配信は
ぼくも最近始めたばかりなので
毎週さまざまな実験をしています。
 

先日は大々的に
質問を募ってみました。

「オンラインビジネスのことで
 何か質問ある?」

という広いテーマで
問いかけてみましたが
質問が全く来なかったので(笑)、
 

予備として準備していた
「オンラインでビジネスを始めるために
 できそうなこと」

というネタで
1時間話してみました。

その時に使ったスライドを
ここに貼ってしまうのですが、


 

「オンラインビジネス」
と一口で言っても、
ただモノを売ったり、
講座をやるだけでなく
オンライン上でのビジネスには
様々な可能性があります。
 

それぞれの項目の
基本的なところについて

自分でやった経験の
あるものは実体験を元に、
やったことのないものも
できるだけ身近な人の話を例に
お話ししてみました。
 

その時のライブ動画、はこんな感じです。

もしよかったらお時間ある時に
見てみてください。

 

さて、動画の中では
触れられませんでしたが、
ビジネスって「組み合わせ」です。

教えている人が
それ以外をやってはいけない
なんていうルールは
どこにもありません。

 

上のスライドでいうと、
例えば、「相談に乗る」人が、
依頼者に必要な解決策として
「モノを販売する」を
やってもいいわけです。
 

「何かを教える」人は、
教えたことの理解を
さらに深める教材として
生徒さんに「コンテンツ」を
売ってもOK。
 

「コミュニティを作る」は
もっと大きな効果が出ます。

まず人を集めて信頼を得ます。
その人たちに対して定期的に
「何かを教えたり」
「モノを販売したり」
「相談に乗ったり」を
連続的にできるわけですね。

 

このように、
ある商品を買ってくれた人に
関連商品を提供することで
売上を増すことを、
マーケティング用語では
「クロスセル」と呼びます。
 

この言葉は覚えなくていいです。
一発でこれを覚えられる
呪文がありますので
こちらを覚えてください。
 

「ご一緒にポテトは
 いかがですか?」

 

です。
これが世界で一番有名な
クロスセルです。

ハンバーガーを食べたい人は
お腹がいっぱいになりたい人だから
サイドメニューの注文を
少しは迷っているはずです。
そこにポテトを案内することで
迷っている人の背中を押し、
お客さんの満足度も、
売上も上げることができます。

 

あなたが提供しているサービスに
追加で提供できそうな
「ポテト」は、何ですか?​

関連記事

  1. こんな時こそ、「欲しいものはお客に聞け」

  2. 「時給思考」から抜け出す

  3. こんな声かけは、お客さんを一瞬で遠ざける

  4. 外出自粛を逆手に取って、こんなサービスも……

  5. 視覚障害をお持ちの方がZOOM講座に来ていただいて、感じたこと・学んだ…

  6. オンラインで初対面の方に信用してもらうために必要なこと

  7. 強い規制のある時こそ、新しいイノベーションが生まれる

  8. 質の悪いお客さんが起こす「負の連鎖」