「分かりづらい職業名の人」が、実は世界を救っている

「ご職業は?」と聞かれて、
実はいつも困ってます。 
 

最近は、相手が経営者さんなら
「セールスライター」で通します。
(ダイレクト出版の知名度が高いので)

 

または、一般の人が相手なら
「ホームページ作ってます」とか
最近だと「講師業です」とか。

まぁ、これなら
パッと聞き分かりやすいですよね。
「ホームページを作る人なんだ」とか
「ものを教えてるんだ」みたいな。
 

しかし、これらはあくまで
相手に伝わりやすくするために
話しているにすぎません。
(もちろん専門ではありますが)

 

このような、
パッと聞きで内容が理解できる
職業名のほとんどは
「自分が提供できる技術」
をそのまま職業名にしています。
 

しかしこうした
職業名を名乗ることは、
経営者・事業主にとっては
キケンなことだと思っています。
なぜなら、自分のワクを
狭めてしまうからです。
 

例えばあなたが
「ホームページ制作業」と名乗り、
それを信じ込んでいるとしましょう。
(5年前のぼくです・笑)
 

図にするとこんな状態です。

あなたは自分自身を
「ホームページを作る人」と
認識しているので、
仮にその周辺の仕事を
やれるスキルがあったとしても
「自分の仕事ではない」と感じます。
 

また、そのように名乗ることで
周囲の人はあなたを
「ホームページを作る人」
として認識しています。
 

この人には、おそらく
ホームページ制作の
仕事しか来ません。

たとえあなたがバリバリに
ライティングできる人で
あったとしても、
周囲はあなたに
「ライティングのことも
相談できそうかな」とは
つゆも思わないわけです。
 

ついでの仕事なんて、いいとこ
「PCが調子悪いから見てくれ」
とか言われるぐらいです。
(これも5年前のぼくです・笑)

 

でも、視野を一段広くして
考えてみましょう。

そもそも、なんであなたに
ホームページ制作の
依頼が来るのか?

その理由のほとんどは、
会社やお店の情報発信を行い、
HPへのアクセス数を増やし、
ひいては売上につなげたいからです。
 

すると、
「ホームページを作って欲しい」
と考えている人は、
目的達成のために
他にも様々なことをやりたいと
内心思っているのです。

たとえばブログの文章が
書けないかもしれません。
Googleで広告を出したいのに
出せずに困っているかもしれません。
 

でも、あなたが自分自身を
「ホームページ制作の人」と
思って周囲に伝えているから、
それしか相談されないのです。
 

ここで、あなたに必要なのは
新しい、視野の広い看板です。

たとえば、
「IT集客の困りごと相談に乗ります」
みたいな。

表面的な
「○○○の作業をやります」
という技術の提供ではなく、

「相手の真に抱えている
悩みの原因を探し、解決する仕事」
と自分のビジネスを定義することで
急激に視野が広くなります。
 

当然ビジネスにも好影響が出ます。
ホームページ制作以外の
周辺ビジネスも受注できれば
売上単価は大きく上昇しますよね。

 

この、「一段上から考える」ためには
依頼をいただく真の理由や意図、
または社会の抱えている問題を
根っこから考えていく必要があります。
 

コンサルティングとか、
プロデュースの領域です。

ここまでできている人は
まだまだ少ないように思います。

 

いま自分の見えている世界の
一段上から見たとき、
あなたのクライアントさんは
どのような本質的悩みを
持っていますか?

 
それを考え続けることが、
自分の仕事の階層を
上げるヒントになります。

関連記事

  1. 「当たり前だけど大事なこと」をきちんと伝える

  2. コピーライティングが突然脚光を浴び始めた理由

  3. 最初にネーミングにこだわってはいけない訳

  4. コピーライティングに一番大事なこととは?